UA-118257413-1 UA-124410294-1

イスラエルへの日本の投資は、コロナ禍にもかかわず2020年には20%増加し11億ドルに達した

 

 

Harel-Hertzが実施した調査によると、過去1年間でイスラエルへの日本の投資は51件

2000年以降の日本の対イスラエル投資総額は82億ドル以上

日本の対イスラエル投資額はハイテク投資全体の11.1%

 

2020年も日本とイスラエルの経済関係にとって記録的な年となった。コンサルティング会社Harel-Hertz Investment HouseのElchanan HarelとZiv Tetrukが行った調査によると、過去1年間でイスラエルへの日本の投資51件ありました。

 

記載されている投資総額は11億300万ドルに達し、2019年には67件の投資があったことに留意すべきであり、2019年(9億1400万ドル)と比較して20%の増加となっています。

 

日本は、2016年にはわずか1.8%の最小シェアだったのに対し、現在はイスラエルのハイテク分野への外国投資全体の11.1%を大きく占めています!

 

2000年以降のイスラエルへの日本の総投資額は82.5億ドルに達し、約308件の投資が行われました。投資の増加は、ネタニヤフ首相と安倍首相の間の訪問の交換の後、セキュリティ、サイバー、農業における投資協定や協力の調印に続いて、2015年に始まったことを強調する必要があります。

 

特に重要なのは、日本の投資家の輪が広がったことです。2015年まではほとんどの投資が商社や大企業のごく限られた人数で行われていたのに対し、日本の投資家の輪が広がりました。この3年間で自動車メーカー、金融機関、保険会社、中小のベンチャーキャピタルファンドなどが投資家の輪に加わりました。

 

この 1 年、日本の機関投資家がイスラエルに進出したことで、またしても大きな進展がありました。損保「東京海上」のような大手保険会社がイスラエルに進出しています。

 

MITSUI-SUMITOMO (MS) MUFG、MIZUHO などの銀行がイスラエルのカウンターパートナ ーと提携し、イスラエルのベンチャーキャピタルファンドへの投資を開始しています。

 

また、日本の対イスラエル投資がエスカレートしているもう一つの特徴は、イスラエルで活動している日本のベンチャーキャピタルファンドが現在 15 本あることです(別紙レビュー参照)。

 

日本企業のイスラエルへの関心の高さを示すもう一つの特徴は、最近22社の新規投資家が参加したことであり、新規投資家の大半は、世界市場でのシェアを獲得し、継続的な成長の基盤となる革新的な技術を求める戦略的な投資家です。

 

また、日本からの投資と並行して、イスラエルにおける日本企業の常設代表者の数も増加していることにも注目すべきです。Harel-Hertzのデータによると、この4年間で常設の駐在員の数は15社から90社近くに増加しています。

 

投資が劇的に増えたことと並んで、日本企業によるイスラエル企業の買収という分野は、まだまだ怠惰に運営されていることを強調しておきたいと思います。今年に入って早々にイスラエル企業の買収が1件追加されたました。日本企業のAnGesが買収したバイオ製薬企業EMENDOです。

 

 

本研究の著者は、当該日本企業とイスラエル企業の裁量要件を考慮して、本研究では言及されていない追加投資があることを認識おります。

 

ハレル・ヘルツは、コロナ危機の影響が大きいにもかかわらず、日本のイスラエルへの関与は今後も拡大していくと予想しており、特にアジアの活動が中国から日本に広がっていることを考慮すると、日本のイスラエルへの関与は今後も拡大していくと考えています。

 

詳細は下記までお問い合わせください。

エルハナン・ハレル 0544-577524、09-9550560